お部屋の広さについて

news

皆さま、お元気ですか?
今回は、人形劇を行う
お部屋の広さについて、
お伝えしつつ、
子どもたちが観劇を
する環境について、
少し考えてみたいと思います。

色々な会場

私たちは、これまで
30年以上も
様々な環境で公演
を行なってきました。
ご要望があれば、
野外での公演
も行なってきましたし、
仮の園舎でプレハブ]
なんですが・・・
なんていいうご要望にも
お応えしてきました。

また逆に1000人以上入る
大きな劇場でも
公演をしてきました。

基本的にどんな会場
でも公演が可能です

というかそのように
なってきました。
幼稚園さん、保育園さん、
児童館さんなどによって、
お部屋のサイズは様々
ですので、その環境に
対応できるように、
準備をして伺うように
しております。

狭くても出来ます

もちろん、基本的には、
演技をするスペース
として、横幅5m以上、
奥行き4mくらい
欲しいですが、
こちらも場数を踏んでいる以上、
必ず対応してできるように
してきました。
なので「うちは、狭いから、
着ぐるみの人形劇は無理ねー」
とおっしゃる方が
いらっしゃるのですが、
そんなことはありません。
それは、

できない理由にしないでください。

まとめ

なんとか可能な道を
探しましょう。

この点に関しては、
私たちは諦めが悪いのです。
もちろんこの年月と
場数の裏付けが
あるからなのですが・・・
どうしても無理な場合には、
近くの公共施設などを
利用して、お部屋の
確保をされる方も
いらっしゃいます。

ぜひ、諦めずに
楽しい人形劇を
子どもたちと楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました