公演始まっています!

news

感染症対策しております。

劇団バク、各作品の上演、
公演活動は始まっています。

もちろん、思いつく限りの
感染症対策をして、伺っております。
そもそも、着ぐるみは
マスクプレイと言われるように
マスクをつけて演じますので、
飛沫を撒き散らすことはありません。
さらに、マスクなしで、登場する
MC、いわゆる・・・
歌のお姉さん、お兄さんは
マイクシールドをつけたマイクで
フェイスガードをして
出ていますので、飛沫は飛ばしません。
また、子どもたちとの接触は
なるべく控えていますし、
搬入搬出時は、マスクをつけています。
普段ならば、照明効果のために
お部屋を締め切って、暗幕を
貼っていますが・・・
照明は、すべてLEDに切り替えましたので
ある程度の明るさがあります。
換気のために、お部屋は、
窓を開け放して、
明るいままでも大丈夫です。
また、検温は毎日しております。
各車には、消毒用アルコールを
備え付けております。

なぜ、ここまでして公演をしているのか?

こんなコロナ禍の時に
なぜ、全国巡演の人形劇を
しているのか?
あえて、コロナウイルスを
撒き散らすのはやめて
休んでいればいいのに・・・
と思われる方も
もしかして・・・
いらっしゃるかもしれません。
しかし、あえて、
子どもたちに会いにいきたいんです。
こんな状況だからこそ、
子どもたちとの出会いを
大切にしたいんです。

今、子どもたちは・・・

人との触れ合いを
避けるように、避けるようにと
環境そのものが、変わってきてしまっています。
子どもたちが、
コミュニケーションをとるべき
相手は、皆、マスクをしていて
表情が読めません。
触れ合うことで、育ってゆく部分を
完全に奪われています。
子どもたちにこそ、
受難の時代だと言えないでしょうか?

せめて、人形劇ができること

人とのコミュニケーションの
機会を子どもたちに
与えてあげたい。
劇団バクでは、公演中も
子どもたちとのかけ合い
こともたちとの交流を
大切に考えています。
私たちの発したものと
子どもたちが返してくるものが
交わって、交流が生まれて
思いもよらない反応が起きています。
そのために、万全の準備を
私たちも、がんばります。
先生方も、親御さんも
ご一緒に考えていただけませんか?

もし、それでも心配と言うならば

リモート公演という選択肢も
用意いたしました。
ご心配されているような
ただ動画を流すようなことではありません。
しっかりと、子どもたちとの
コミュニケーションが取れるように
構成を練っています。
子どもたちも私たちとの交流を
そして、触れ合いを感じて
楽しんでくれています。
こちらも、ぜひご検討くださいね。

それでは、私たちは

皆様との直接の交流を
何よりも楽しみにしております。

ぜひぜひ、こちらからお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました